広島市の看護師求人で病棟勤務を希望している方へ

看護師といえば病棟勤務。急性期医療を学ぶためには必須の職場となるでしょう。ただ、病棟の看護師というのは常に人手不足でもあるといわれています。それは広島市でも同じ。やはり仕事内容としては一番ハードでもあります。夜勤があれば不規則な生活になってしまいますし、体力的にも精神的にも辛いのです。

 

その結果として、新卒で一度病棟で勤務をし始めても、辛くなってしまって途中で転職してしまうという人が多いのです。また、必要な看護師の人数も他の勤務先よりも多くなっていますので、その分人手不足は加速してしまいます。人手不足が現状で働いている看護師の負担を増やし、さらに離職率や転職率をあげてしまっているのでしょう。

 

ただ人手不足だからといって病棟勤務の求人に人気がないのかというとそういうわけではありません。やはり急性期の看護を学べますし、自分自身がスキルアップしていくためには非常にいい環境で自分を成長させることができます。これからまだまだ上を目指していきたいと考えている人、忙しい場所で自分をもっと高めていきたいという人には最適の職場だと思います。

 

病棟勤務の場合は、まずは夜勤があるかないかで分けられると思います。夜勤はつきものですが、採用の形によっては夜勤なしでという場合もあります。また、残業についても考えておかなくてはなりません。どうしても患者さんのお世話に追われて1時間、2時間程度は残業が発生する可能性もありますので、それも踏まえたうえで応募をしてくださいね。