広島市で透析業務(病院)の求人を希望している看護師へ

人工透析を受けている患者さんというのは、ほとんどの人がほぼ一生、受ける必要がある状態にあります。そのため、人工透析を受ける患者さんを看護するの仕事は、その患者さんのケアをするのが重要な任務といえます。

 

透析をするにあたって血管に針を刺すものですが、その技術も通常の採血や点滴などとは若干異なりますので、まずは処置の仕方も覚える必要があるでしょう。その後はほぼ毎日同じような業務が繰り返されます。訪れる患者さんの看護、しかも患者さんによっては週に何日というように何度も訪れるものなので、患者さんとのコミュニケーションを上手に取れる人の方が好まれます。少しでも処置している時間の苦痛を和らげてあげて、精神面でケアをしていくことも必要になってくるでしょう。その場で何か容態が急変したらそれに対してもフォローも必要になるので、看護といっても医療と当然隣り合わせでいなくてはなりません。

 

広島市での求人状況は、適度にあるというぐらいです。透析ができる病院が多いわけでもありませんし、それなりの募集がある状態です。特に夜勤などがある仕事ではないので、一度結婚や出産で離職をした看護師にも復帰の場所としては人気があるのです。ただ、準夜勤が設定されている場合もあります。日常生活を送る中で昼間には来れない人もいるため、夜遅くまで透析を受け付けている病院もあるからです。

 

同じ患者さんと向き合うことで信頼関係が徐々に取れて行くことで、よりやりがいを感じられるのが特長といえるでしょう。